玉砂利を敷けば雑草対策や防犯対策にも役立ちます

植物

庭や家を守るために必要

スプリンクラー

庭に大きな木や複数の木があるという人は定期的に剪定を行なうといいでしょう。最初は小さい木であっても数年立てば立派な気になりひかげを作ってくれます。しかし、そのまま成長させてしまうと木の形が歪んだり、陰りが大きくなって庭が湿っぽくなってしまったり、枝が家の壁に当たってしまうこともあるでしょう。木の形が歪むと強風で倒れてくるという可能性もあります。また、影ってしまったことで湿気が溜まりやすくなるといろいろな害虫が増えてしまいますし、他の草花が育たなくなってしまいます。このような事態になってしまう前に定期的な剪定をして木を綺麗な形に整えなくてはいけないのです。しかし、剪定はただ行なえばいいというものではありません。剪定をするときはどの枝を切り落とせば光が入るようになるのか、形が綺麗になるのか、安全に作業ができるのかなどいろいろなことを考えなくてはいけないのです。さらに、枝を切るときにもテクニックが必要になります。例えば、ハサミで切れるような細い枝ならあまりダメージを与えずに簡単に切ることができますが、そうでない場合に上から切ると枝の重みで裂けてしまいます。こういった場合はいきなり切り落とすのではなくその部分よりも少し先の方に一度切り込みを入れておく必要があるのです。こういった細かい知識を調べながら剪定を行なうよりも、すでに熟知しているプロに頼むほうがいいでしょう。プロに頼むことで、庭も明るくなるし木に大きなダメージを与えることなく整えることができます。