玉砂利を敷けば雑草対策や防犯対策にも役立ちます

植物

木々の密度を調節する

はさみ

林や森を所有しているという人は、それらを管理するためにも間伐を行なうといいでしょう。この間伐というのは木の間引きのことで、綺麗に整えるために苗木を植えて15年以上経つ頃に行なわれるのが一般的です。15年や20年経つと苗木だったものが成長して林や森の中が混み合ってくるでしょう。それを放っておくと隣接している木々の葉が重なり合って光を遮るようになってしまい、根を充分に張ることもできなくなってしまうでしょう。そうなると木が真っ直ぐ健全に育つことが難しくなり林や森の環境も悪くなってしまいます。光を取り入れて丈夫な木を育てるためにも間伐を行なう必要があるのです。間伐を行なって木の密度を調整できれば、一本一本の木に適度な空間ができ光を浴びることが出来るようになります。そうやって育てた木は価値の高い木材となり、いろいろなところで役に立つでしょう。間伐を行なう場合にはいくつかの方法があります。まず1つ目が定性間伐というもので、木々の形質を重視して木を伐採するというものです。弱っている木や育ちの悪い木、歪んで育ってしまった木を順に伐採して、健全に育っているものだけを残すという方法です。定量間伐と呼ばれる方法の場合は、木の密度を重視して予め残す木の量を決めてから行なわれるものです。残すと決まっている木の周りに一定の空間が出来るように均等に伐採されます。また、列状間伐という方法の場合は木々が一列に並ぶように残して、列の間の木を伐採していきます。